こだわり

有職故実に即した
人形作りを探求

当店は有職故実(ゆうそくこじつ)に即した人形作りで定評のある「平安天鳳」ブランドのひな人形を製造しており、 全国各地域の人形専門店に作品を卸しています。
ひな人形製造元のためご希望をお聞きし「わたしだけのおひなさま」をお作りすることも可能です。

※有職故実(ゆうそくこじつ)・・・宮中の儀式、祭礼や衣装に関する慣わしやしきたりのこと。

有職故実に即した装束の再現

当店の雛人形は有職故実に即し、
平安時代より受け継がれてきた装束を、
忠実に再現しております。

伝統・自然素材

手、顔といった目につく場所だけでなく、
足や胴体部分といった見えない部分にも
伝統的な自然素材を使用し、プラスチックを
使っていません。手足は一刀彫りの木製を使用。
省略されることの多い「石帯(せきたい)」
「魚袋(ぎょたい)」は標準装備。
御顔も本頭(ほんがしら)を使用しております。

織物

日本の織物文化の奥深さ、
日本の「ものづくり」の素晴らしさを
お伝えする為、
京都の西陣織をはじめ、
日本全国の名織物より厳選し、
ひな人形の衣装に用いています。

本着せ (ほんぎせ)商標登録済み

おひなさまの唐衣、表着を本物の十二単と
同じように裁断、縫製し一枚一枚を丹精込めて
着せ付けます。
この技法を「本着せ」といいます。
「本着せ」は多くの手間と技術を要する技法です。

五衣(いつぎぬ)

五衣とは女雛のお袖の中の
五枚重ねの衣の事で、
重ねの色目は四季を表します。
たくさんある色重ねの中から
代表的な十二種類を選び、
有職故実に即し忠実に再現しております。