未来への想い

節句人形文化を通して
家族の幸せと
家族の絆を深める
お手伝いをする

二代目 足達 謙次朗

二代目 足達 謙次朗

私たちには次世代に節句人形文化をつなぐという目標があります。

節句人形は、生まれた我が子に災いが降りかからないように
身代わりになってもらう厄除けの「お守り」です

お客様に、節句人形を飾る意義や、私たち職人の思いをお伝えし「これを選んで良かった」と感じ、毎年おまつりする中で「家族の幸せ」や「家族の絆」を深めてもらう事が、次世代に節句人形文化をつなぐ一歩になると信じています。
節句人形は、生まれた我が子に災いが降りかからないように身代わりになってもらう厄除けの「お守り」です。即ち、子供の健やかな成長を願う、親が子を思う「愛情」を形にしたものです。
弊社では「節句人形文化を通して家族の幸せと、家族の絆を深めるお手伝いをする」を経営理念に掲げています。良いものを作り提供するだけでなく、自社を選んでいただいた事により得られる幸福感を提供する事が大切と考えます。

「絆が未来をつなぐ」この言葉を目印に、
関わる全ての人の幸せの実現を目指します。

日本のものづくりや、文化の奥深さをお伝えし、お客さまに毎年の節句のおまつりで、親子一緒に飾ったり、人形に健康や安全の祈願をしたり、お子様を囲んでお祝いする事で、思い出やコミュニケーションを深め「家族の幸せ」や「家族の絆」を育んでいただけるようお手伝いする事が我々の役割です。

「絆が未来をつなぐ」この言葉を目印に、関わる全ての人の幸せの実現を目指します。